子供の健康に配慮した食事と気を付けたいポイント

子供の健康に配慮した食事と気を付けたいポイント

子供の食事と腸内環境

 

3歳までの子供の食事で気を付けたいことは、消化器官が大人と違って未熟なので厳選した食材と素材の味を妨げない味付け、化学調味料などはなるべく不使用という事に気を付けけると安心です。

 

離乳食の時期を過ぎるとつい大人と同じものを与えてしまいがちですが、体格も大人とは異なりますしいきなり大人が食べているような濃い味付けのものや添加物の多い食事は好ましくありません。これは大人にも同じことが言えますが、腸内環境は年齢に関係なく健康を司る重要な部分ですので腸内環境を整えながら季節の食材を組み合わせて食事を与えると良いでしょう。

 

お勧めできない食事とその理由

 

例えばハンバーガーショップやラーメン店などで食べたがるものがあったとしても味付けも濃いですし、脂質過多で野菜も不足しますので避けることをお勧めします。大人の間でもロハス、オーガニックというのは健康や美容を追求してる人の間でキーワードになっていますが3歳までの子供にこそオーガニック食材や無添加の食品を与えるのがポイントです。

 

まだまだ消化器官が未熟な子どもに添加物やトランス脂肪酸などが含まれたお菓子などを与えると様々な弊害が出てくる危険性もあります。

 

理想的な食材はアレルギー抑制効果も

 

腸内環境を整えておけば花粉症やアトピーなどアレルギー性疾患のリスクも下げることが出来ますので、毎日の食事ではできるだけ有機栽培された野菜やハムやベーコンなども無塩せきなどのものを選ぶのがポイントです。卵もできれば平飼いのものをしっかりと過熱して与えるのが良いでしょう。

 

消化器官が未熟な子どもには化学物質をつかった食材はなるべく避けたほうが良いですし、値段は少し高くても一生続くわけではありませんので無農薬が無理なら低農薬、減農薬などの表記がある野菜や果物を与えるのが子供の健康的な成長を促します。

 

適切な食事量とは

 

食が細い子に無理して食べさせると食事の時間が苦痛になってしまいますので、できるだけ色や形、カトラリーや雰囲気などを工夫して楽しく食事が出来る習慣をつけましょう。食が細い子どもには無理しておやつを与えず、1日三回の食事でバランスの良い栄養摂取をするのがポイントです。

 

子供の食べる量が少なかったり食欲にむらがあると、つい無理に食べさせてしまったりイライラしてしまいがちですが、数日から1週間程度のスパンでしっかり栄養が取れていればそれほど気に病む必要はありませんので、食事の時間を苦痛にしない工夫も栄養面と合わせて考慮すると良いでしょう。