3歳までの食事で注意していたこと

3歳までの食事で注意していたこと

3歳までの食事で注意していたこと

 

子供の味覚は3歳までに決まり、その食生活は一生を左右すると言われています。そのことを耳にしてから、子供の食生活には色んな工夫や配慮をするようになりました。これから私が行っている工夫を以下に記載していきます。

 

 

「食を通じた子どもの健全育成(−いわゆる「食育」の視点から−)のあり方に関する検討会」報告書について

 

同じ食器や箸を使わない

 

これは、私の母が徹底していたことです。虫歯菌は感染するので、一度でも虫歯になったことがある方は口内にミュータンス菌がいます。

 

ですから同じ箸で食事をしてしまうと、子供にもミュータンス菌が感染してしまいます。離乳食が始まり、熱い食べ物をフーフーして冷ますのもミュータンス菌が飛ぶ恐れがあります。たまにフーフーしてしまいそうになりますが、常日頃から注意しておけば「ついうっかり」ということもありません。

 

細菌が子供の口の中にも定着する時期は、歯が生え始める2歳頃までだと言われています。でも、出来るならずっと気をつけるに越したことはありません。我が子は3歳を過ぎましたが、まだ同じ箸は使っていません。

 

お菓子はできるだけフルーツや手作りのものにする

 

お菓子を与える時期は家庭によって違うと思います。出来るなら与えないのが一番ですが、周りが食べていると子供も当然欲しくなります。我が子も2歳まではお菓子は一切あげていませんでした。

 

でも、周りが食べているのを見て欲しいというようになりました。私自身スナック菓子やチョコレートなどは食べませんし、それらに良いイメージありませんでした。どうしたものかと悩んだ結果、手作りにすることにしました。

 

砂糖は依存性がとても高く、血糖値も上がります。ですから砂糖は出来るだけ使わないようにしました。よく使っていた食材はおからです。おからはクッキーやパウンドケーキにしてもとても美味しく、栄養もあります。

 

子供もとても気に入ったようでパクパク食べていました。また、フルーツには砂糖は含まれていないのでよく食べ指していました。特にバナナは持ち運びが便利で食べさせてやすかったです。

 

お菓子類は与えなければ、子供も味を知らないので訴えて来ません。特に3歳までは気をつけてあげたいですね。